従来の作業管理を変える、次世代のWrikeの機能についていち早く知る。 Collaborate 2022に今すぐ申し込む (英語で見る)

当たり前を見直せば
組織はもっと強くなる

メールを何往復もさせて行っていた調整業務やファイルの校正・確認も Wrike(ライク)ならノーストレスでさくさく仕事が進みます

最先端のワークマネジメントツールだから Wrike なら「ここまでできる」

<p>人生で「マイ・ベスト」と呼べる仕事を Wrike で</p>

人生で「マイ・ベスト」と呼べる仕事を Wrike で

世界で 2 万社、国内でも 1000 社が Wrike を導入した理由を 2 週間の無料トライアルで体験してください
<p>人生で「マイ・ベスト」と呼べる仕事を Wrike で</p>

チームのポテンシャルを最大限に発揮

「コア業務にもっと集中したい」という皆さんの思いを Wrike が実現します

あらゆる業務にフィットするカスタマイズ性

一覧性にすぐれたダッシュボードを自在にカスタマイズしたり、共有カレンダーでスケジュールを管理するだけでなく、部門別・プロジェクト別・実施時期別など、それぞれのチームのニーズに合わせてタスクと情報を整理できます。タスクに設定するステータスをカスタマイズし、業務プロセスに応じたワークフローも簡単に作成できます。

見える化の徹底で進捗管理の負担を軽減

Wrike を活用することで「進捗の問い合わせ」という言葉が死語になります。中間管理職の方が、メンバー全員の業務状況と進捗をさまざまな表示形式を切り替えながらすぐに把握できるだけでなく、上長や経営陣に向けた分かりやすい報告レポートの作成を自動化できます。定評のあるガントチャート機能も、全体の進捗を一目で把握してドラッグ&ドロップ操作でスケジュールを調整でき、プロジェクト管理の専門家の方以外からも広く支持されています。

タスクの依頼窓口をリクエストフォームに一本化

メール、電話、立ち話、チャットなど、さまざまな経路で行われるタスク依頼を、Wrike のリクエストフォームに集約し、業務効率を向上させましょう。フォームでの質問項目は自由にカスタマイズできるので、タスク依頼時点での情報の抜け漏れを防ぐことができ、担当者はすぐにタスクに取り掛かれるようになります。

<p>サードパーティ製品との連携と自動化</p>

サードパーティ製品との連携と自動化

サードパーティ製品との高い連携性も Wrike の魅力の一つです。Salesforce などの顧客管理ツールや JIRA などのチケット管理ツールと連携してさまざまなデータを同期できるだけでなく、単独では連携機能や自動化機能に制限のあるツールも Wrike を中心とした自動化ワークフローに組み込むことができます。

詳細はこちら
現在どの部署で働いていますか?
あなたの職務レベルは何ですか?